日本共産党美作市委員会のホームページ

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本共産党美作市本城宏道市議会議員2015年9月議会一般質問要旨

<<   作成日時 : 2015/09/02 04:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

市政の動きについて
1、庁舎建設問題について
庁舎整備検討市民委員会の経過を、報告されたい。
議会審議もされていないのに、7月11日付けの山陽新聞で新築移転が決定したかのような報道がされているが議会軽視もはなはだしい、なぜそのような扱いをされたのか。
新たな庁舎用地面積と用地費、庁舎の規模、建設費、財源の内訳等について明らかにされたい。
2、ふる里創生について
ふる里創生「まち・ひと・しごと創生総合戦略」の計画策定経過と審議内容について報告されたい。
3、都市公園について
現在までの取り組み経過と予算の執行状況について報告されたい、400ヘクタールに対する地権者は800人と聞いているが賃貸契約はすべて整ったのか、また費用対効果についての試算特どのようにされているのか、今後の計画と総事業費うち国庫補助金、一般財源について改めて報告されたい。
4、【NODAレーシングアカデミー】について
【NODAレーシングアカデミー】についてお尋ねします現在までに執行された経費はそれぞれいくらになっているか、現在の生徒数及び移住者は何人となっているのか。
5、雲海、東粟倉工房、袴ヶ仙等について
雲海、東粟倉工房、袴ヶ仙等の取り扱いはどの様になっているか。6月議会でも質問をしましたが答弁では、具体的な損害額がいくらなのか、司法的な損害回復が可能か、につ
いて詰めの協議をしている、とのことでしたが100条委員会の報告からしてもすでに半年が過ぎる当時の関係職員も含めて、市民の皆さんの関心も非常に高い中、市長はやる気がないのではないか、とも言われている、急いで事の処理をすべきではないか。
農業問題について
秋の取り入れがまっ最中ですが、このところ戦争法案の審議と戦争法案反対の国民的運動の盛り上がりのなかでTPP問題が影を潜めていますが甘利TPP担当相は自民党の選挙公約であり国会決議までもされている重要農産物五品目、いわゆる「乳製品、甘味資源作物、米、麦、牛肉豚肉」であるが、すでに牛肉豚肉は段階的に関税を限りなく0に近ずけるとか、米は今でも77万トンが輸入されている上にアメリカだけで7万トンから10万トンを輸入する方向を認めようとし、乳製品もバターは大幅に輸入枠を拡大しようとする等、農業問題も大変な時期となっています。
この様な状況のなかでこれからの美作市の農業をどうするかについて、6月議会でも質問しましたが、美作市農業振興連携会議で審議しているとの答弁でしたが、私たちの様な小規模集落や、就農者が高齢化している中でのあり方について、参考にしたいのでお尋ねします。
1、農作物の作付環境の変化について
共済細目書で農業共済組合は調査しているはずですが、今年の食糧用米、飼料用米、主な転作作物等の作付け面積、不地作付け地、荒廃地等と5年、10年前と比較してどの様に推移しているか、お知らせください。
2、米価の見通しについて
農水省の統計でも10アール当たりで計算すると14万957円、中山間地ではもっと高くつくが、昨年の米価は60キロ当たり1万円前後だった、仮に反8表とっても8万円しかならず、6万円余りも赤字になる計算になります、農家はコメを作れば作るほど損をする事になりますが、昔々から瑞穂の国として作りつずけ豊かな栽培経験 があること、そして先祖から受け継いだ耕地を何としてでも守ろうとする百姓根性が備わっているからだと思います。そんな中今年こそ少なくても1万6千円にはなって欲しいと願わずにはおられませんが、見通しはどうでしょうか。
3、勝英農協との連携について
6月議会では勝英農協との連携をして。
1、農協からの研修職員の受け入れ。
2、農協出資法人として農業請負法人を作っていただき、耕作放棄地の利用、育苗等作業のお願をする事。
3、特産物の形成と育成の観点から、ミツマタ、ワラビ、タラの芽等の事業に取り組んでいただく。
との報告がありましたが、このことはどのように進んでいるのでしょうかお尋ねします。
4、森林整備事業計画について
新しく森林課が設置されたのですが24年度から森林整備事業が始まっています、美作市での森林整備事業計画について、全体計画、27年度の予定等の報告をされたい。
暮らしの問題について
1、 マイナンバー制度について、
10月から住民1人ひとりにマイナンバーが割り当てられ、決まろうとしていますが、先だって日本年金機構から125万件の個人情報が流失したり、ベネッセ等相次ぐ情報漏えい事件のように4つリスクがある
1、100%情報漏えいを防ぐ完全なシステム構築は不可能。
2、意図的に情報を盗みうる人間がいる。
3、一度漏れた情報は流通、売買され取り返しがつかない。
4、情報は集積されるほど利用価
値が高まり攻撃されやすくなる。等によりマイナンバー制度には反対を表明しておきます。2、国保の広域化について
国保の広域化については、
自治体においてどのようなメリットがあるのか。国保税の賦課、徴収も特別会計もすべて自治休任せなら、意味がないのではないか。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本共産党美作市本城宏道市議会議員2015年9月議会一般質問要旨 日本共産党美作市委員会のホームページ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる