市民派議員の弱体化と排除許すな

昨年来、市議会の状況は、全国でも見られないほどの異常な事態が起きており、市民の生活向上に議会が貢献するという、本来の責任が果たされていない。
議会混乱の一因
多数によるゴリ押し
情報基盤整備事業(ヒカリファイバー)をめぐり予算規模で議会の問題提起により、執行部構想の六八億円が五〇億円という規模に圧縮させられた。
五〇億円を元の六八億円に戻そうとしていると噂されている執行幹部の言動、その流れにベッタリと同調している議員達、そのことに深く関連して起きた問題として、圧倒的多数の市民が反対をしている副市長二人体制。
その意思を反映しての総務常任委員会での複数設置に反対する決定。
本会議で委員会決定を覆す副市長二人設置条例の可決。
この設置条例に賛同した議員たちに対する厳しい批判・それを原因として議会運営を不服とする多数による春名議長不信任案の可決・不信任を受け入れない春名議長に反発しての議会放棄(会議ボイコット) さらに全国で聞いたことがないと言われた、委員会条例の廃止等など、多数によるゴリ押しにより、美作市民の暮らし向上への議論が積極的に展開できない状況を作り出しました。
市民派議員の弱体化と排除を狙う
市行政は社会的に許されない職務強要罪で逮捕された岩江議員と谷本議員の事件を契機に、市民の声を厳しく主張する議員の弱体化と排除をおこなおうとしている。
そのことは議会の発言力を全体として低下させ、行政執行に対しての点検機能の低下を招くということになり、ベッタリ派議員達の存在感も低下させることになり、議会本来の機能が働かなくなるという致命的な結果をもたらすもので、行政執行権力の独裁確立や専制体制の強化に直結していくものである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック