美作市議会代表欠席で流会 広域ごみ処理場問題

11月22日[土]午後1時30分から、津山市庁舎で開催される、津山・英田圏域衛生施設準備組合管理者桑山津山市長からの組合議員に召集がありました。
津山・英田圏域衛生施設準備組合議会に提出される協議事項は
 1.津山・英田圏域資源循環施設組合規約について
 2.津山・英田圏域資源循環施設組合設立スケジールについて
の2件である。
 美作市議会の代表が参加をしなかった理由
 1.組合規約の内容で合意が得られていない事。
 2.周辺対策事業費の構成内容と対象および金額が説明されていない事。
 この件については、11月17日にすでに事務局に美作市議会としては納得ができない旨連絡をしている。
内容は規約案第16条には同意できない、理由、広域一部事務組合の諸費用の負担は、公平であることが原則、
これを一部の施設では、受益するものの負担という事は納得できない。一方構成自治体に不公平な受益となる方針を示し、それに従えという不合理には納得できない。なぜなら、一部事務組合では構成自治体の全員一致が原則、多数による採決はなじまない、からである。
 準備組合議会は、議長に津山市の松本厚生常任委員長を選出、松本議長は、美作市議会代表の参加がないままでは議事の進行ができないとして、流会とした。その後美作市議会代表と松本議長とが面談し、松本議長が美作市議会の意向を管理者である桑山津山市長に伝え、「桑山市長から、美作市の意向を全面的に受け入れる旨の
連絡があった。」と伝えられている。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック