宮本俊朗美作市長 立候補断念か?

 市内の美容院での話、宮本俊朗美作市長立候補断念するという。情報が入りました。
最終確認は出来ていませんが、複数のルートからも同じ内容の話が伝わってきています。
共通しているところは次のようなものです。
 宮本俊朗市長は9月議会で行っていた4月改選に出馬をすると表明していましたが、後援会関係者等との協議で「現在の体調で市長職の激務が全うすることは厳しすぎる」として「出馬表明を撤回する」ことが20日確認された、という事です。
 昨年2月、突然に脳梗塞で入院<加療し、リハビリを行い、5月から職務に復帰して頑張ってきていました、順調に回復していると思われていましたが、若干の後遺症が見られる体調のため、市長職という激務に十分に耐えられるのか、心配をしていた市民が多数いることは事実です。
 ここで宮本俊朗市長が、市長選挙への出馬の辞退を表明ことは、2009年度予算編成の方針は100%新市長にゆだねるという事であり、全くの暫定予算という事に成ります。
 美作市が合併して以来の宮本市政の四年間をどう総括するのか。市民の評価が気になるところです。
 情報基盤整備事業・FTTHに政治生命をかけていた市長としては道半ばであり、さぞ残念で断腸の思いであろうことは想像に難くない。
 このような流れから、安東副市長が宮本市長の後継者として出馬をするとの方向が確認されているという事だそうです。
 やはり市長選挙は、現在、噂の3人での戦いという事になるのでしょうか、激戦が予想されます。
 市議会議員選挙も激戦です。
 どちらも見通しが立たない、大変な状況になっているという事です。
 宮本俊朗市長には、リハビリをしっかり行い、体調の完全回復を願うところです。
 少し早いですが(4月23日まで任期があります。)宮本さん激務の市長職ごくろうさまでした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック