障害者控除対象者認定制度のお知らせを  美作市長に緊急要請します。

美作市長に緊急要請します。 2009 / 2 / 22
日本共産党美作市委員会 委員長 新免 昌和
介護保険の要介護1以上の認定を受けている市民に、「税申告の際の障害者控除対象者認定制度について」のお知らせを送付して下さい。
説明責任(アカウンタビリティー)を実施する立場から実施して下さい。
この認定により所得税・住民税申告で障害者控除が受けられ、大幅に税金が安くなることがあります。
また住民税が非課税世帯になれば、介護保険料なども軽減されます。
障害者控除対象者認定制度
障害者控除は、身体障害者手帳や療育手帳等を持っている方が対象ですが、次の事項に該当する場合で、市が「障害者控除対象者」として「認定書」を発行した方についても、所得税・住民税の障害者控除として一定金額を所得から差し引くことができます。
◆ 対象者
①65歳以上の方で要介護認定を受け、障害者の基準に準じる方
②65歳以上の方で、6ヶ月以上寝たきりで食事・排泄等の日常生活に支障がある方
③前記の①②の方を扶養している方
◆ 申請手続
①~③に該当すると思われる場合、市役所保健福祉部高齢者福祉課の窓口で「障害者控除対象者認定」の申請をしてください。
◆ 認定を受けたら
確定申告する際に「障害者控除対象者認定書」を掲示して、障害者控除を受けてください。認定書の交付を受けた方を配偶者控除または扶養控除としている方も対象となります。
問い合わせ  保健福祉部 高齢者福祉課  電話72-1111  72-7701

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック