日本共産党美作市議会2議席獲得 『公約実現』 に頑張ります。

画像







日本共産党への温かいご支援で2議席の獲得が実現しました、議案提案権が出来ました、市民の皆さんの声をしっかりと議会に届け実現に頑張ります。
美作市が抱える当面している最大の課題は、新しいゴミ焼却場の設置です。
市民の日常生活を守るために欠かすことができない施設であり理解と協力が絶対必要です。
宮本俊朗市長の不出馬宣言を受け、後継指名を受けた安東美孝氏が第二代市長に当選しました。
新議会議員決まりました。
市民の期待は、市民の声にしっかりと応える市政の運営であります。

当局の議会への情報公開

新免議員は次のように提言します。
「市民の要求にこたえていくには議会の活性化が求められています、それに必要な
事は市当局の情報公開です、市議会への情報提供が少なすぎ、市民代表の議会議員と
行政担当との間で同じ土俵での議論が出来ていないと言う実態があると感じてきました」。
「当局は積極的に情報を提供しなければならない、市の発展のためには情報をしっかりと理解し合って協働して行くことが欠かせません。」「今回の選挙結果から市政に期待されているのは、障害者をはじめ高齢者達が安心して安全に暮らせるまちづくりです、すなわち福祉が重視されるまちづくりです。
そのためには、人口減少に歯止めをかけていかねばなりません、社会的弱者の支えを確保していくことが不可欠の条件になります、若者が安心して子育てできの環境の整備に取り組み定住を進めなければなりません。」

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック