部の統廃合・新設に6議員が反対  全議案承認される。

 昨日の議会の結果 上程されていた議案の委員長報告全てが承認された。機構改革についての部の統廃合・新設(農林部・商工部を統合し、田園観光部とする。市民部の中にある市民部から分けて、税務課を税務部に昇格させる)に関する条例整理に、反対の議員が6名 反対討論は、日本共産党の本城議員が「農林という名称をなくすることは、これからの農林行政に力が入らなくなる心配があり、私が話をした農業関係者は全て反対の立場を明らかにしている。」と述べました。反対した議員、新免議員(共産)・本城議員(共産)・山本(公明)・安東(友和)小渕(友和)岩江(戦気)なぜか、公明党の態度は反対議員と賛成議員とに分裂をしていました。
条例 市特別職の非常勤職員の報酬および費用弁償の改正 農業委員会会長の報酬年30万円を36万円に副会長の報酬年30万円に引き上げる 集落支援員の報酬月額3万円とする。 橋本議員(真和)が集落支援員の扱いに問題があるとして、反対をしました。請願「気候保護法」の制定を求める意見書採択に、岩江議員(戦気)が反対しました。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック