竜巻災害 市の積極的支援、評価できる

市民の暮らし守るため頑張る美作市政
竜巻災害 市の積極的支援、評価できる
(新免議員の話) 
市民の安全を市行政が守るとは一体何をどうすることなのか。最大の課題は自然災害での経済的損失にどのように対応していくことが求められているのか。ということだと考えます。いま最も必要なことは被災者の再建支援に積極的に取り組むことです。
「個人財産が自然災害で損害を受けているのだから市が支援をするのはどうか」などの意見がありますが、もともと自然災害が少ない地域として生活を営んできたところへの被災という事であり、市民が安心して暮らせるまちという気持ちをしっかりと意識していただくための市行政の姿勢を示すと同時に現実の経済的負担の軽減を図るという意味合いでも今回の災害への対応は安東市政にとつての試されている政治手腕であるともいえます。
今回の被災対応での経済支援は、私としては、高く評価できる取り組みであると思います。
 市職員の対応も、被災者からは「いろいろ問題がある」という指摘がありますが、私は短時間に被災者をはじめ市民の多くに安心をしてもらえる対応ができていたと見受けました。ある被災者は、「市から見舞いを頂戴しホッとしました」『職員が訪ねて来てくれ、親切に心配ごとの相談の話を聞いてくれて、気持ちと心が楽になりました」という言葉が届いています。
 天災・自然災害の被害者には物心両面から、大変な痛手です。美作市はお金が無いという事から、職員削減をはじめ、厳しい予算の編成を行っているところですが、今回の事案では、被災者救援という立場を明確に示し、非常に積極的な経済支援を打ち出しています。この根底は、市民に安心して暮らして頂く手助けを市が信念を持って行っているとい具体的な対応であるといえます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック