面白い話

最近、私は面白い話に出会った。

 あるお医者さんの話だ。

 その先生が言うには「昨年夏の総選挙で「旧型政治を変えろ」と、国民の怒りのはけ口とし

て、民主党が大流行した。新型インフルエンザの大流行と時を同じくして、その新型インフル

エンザが今年に入り下火になり、季節型も流行らずに終わりそうである、この流れと同じく、

民主党の流行り具合も下火になっている、そこからが問題だ」という「旧型の自公政権、特

に自民党は離党が大はやりで勢いは全く影を潜めている。悪性度の高い旧型が下火にな

ることは良いことで歓迎をするが、警戒をしなければならないのは、ウイルスなど病原菌の

世界でも、政治の世界でも、おとなしいはずの新型が突然悪性に転化しかねない」という

ことだ。「民主党は、政治をかえるという期待を持たせた、だがどうもおかしい。本質的には

旧型の遺伝子構造に似ていて、旧型政治に戻っているのではないかと思う、基地問題、

労働者派遣法の問題、若者雇用の問題、後期高齢者医療制度の問題など、国民の期待

に沿って政治を変える、という立場から遠くに離れ去って行き、より狡猾に国民を騙そうとし

ているような気がしてならない。」

いまこそ必要共産党

 「流行に負けず、国民の痛み、悲しみ、怒りに寄り添うことができる実直な政治家が今

の日本にはどうしても必要だ。そこで共産党の出番、夏場に向かって頑張りどころになっ

ているよ。」ということでした。参議院選挙に向けて、新党乱立の様相となっている、沈

没寸前の泥船からわれ先にと逃げ出している、国民不在の『本籍自民党』の連中の集

まりだ。

「国民が政治の主人公」を実現させるにはこれらをのさばらさせてはならない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

政治初心者
2010年05月22日 20:53
四十近い年ながら政治が詳しく分かりません。分からんがあまり足の引っ張りあいより大事なのは本当に無駄をなくすなどそれらに向けた協力だと考えます。
当たり前でもそう思う。自民党は自分達で勝手なことをしといて無責任。
政治でなにが腹立つって安易に国民から税金を取る姿勢です。タバコ然り、今の年金者からもなにかは忘れたが安易に取る姿勢です。喫煙者だからというのを抜きにしても もっと無駄な所を見直せないかと思う!共産党はなんでも反対と聞くが自民よりかは筋が通っている気はするので期待してます。社会保険も民営化。あれは国が民営化にさせて国が責任逃れをしているとしか思えない。無責任すぎる。頭にくるな
共産党は社会保障の充実と謳うことに期待してます。
よく分からんが官僚の力は強いと。
だからと言ってすぐに取りやすいからと安易な政策は辞めてもらいたいと声を大にしていいたい!
前の定額給付なんてもらうのはありがたいが場当たり的と人気取りしか思えない。なんにしても自民はダメ。とするなら共産に期待ですね。共産が政権を取り どうなるかは分からんが自民よりかはいいし、唱える社会保証に期待してます。

この記事へのトラックバック

  • 言葉遊びは楽しい

    Excerpt: ちょっとした面白い話 Weblog: 橋の端を走る! racked: 2010-07-24 09:34