ニックネ-ム『ニックネ-ム 「ヨコヤリ」への回答 ?』へ

 馬鹿バカしいの一言に尽きる。 「ニックネーム」の使い分けすらできなくなっているようで。

「コメント」は同じ発信元だ、それを認識せずに対応している行為・行動である。

「ごみ処理場」は市民生活にとって絶対に必要だ。

杉原地区を中心とした近隣地区の住民は、建設予定地土地所有者のために「ごみ焼却処分場及び最終処分場」を

容認したわけではない。 美作市の現状から、どこかに必ず設置しなければならないという理解があり、反対運動が

正面切って起きていないのである。

ごみ・産廃・し尿・斎場・屠殺場・などいわゆる嫌われ施設をだれも好んで設置を認めているわけではない、しかし、

日常生活で絶対になくてはならない「ごみ処理」である、杉原地区を中心に近隣地区も、健康・環境に対しむ許容範

囲内であれば容認というのが現在である。

この周辺地区には、住民のごく一部に、今日の社会的水準が理解できない存在があるとの声も聞く。

処理区域の広域化による「ごみ処理」での焼却炉の大型化は環境省・厚労省の指導であり、清掃法の運用を拡大

解釈して「独占的なごみ処理機器製造業界」に莫大な利益を提供する条件となっている。

スケールメリット追求論者から大都市でのごみ処理状況をみると、処理経費が効率的であると映ることでしょう。

とりわけ、大型化によるランニングコストの軽減に、焼却される資源の消滅をどう見るのかという課題を無視すれば

である。

 ごみ排出量に対応した完全消化のためと非常時のごみ排出量増にヶ見込まれる必要から、焼却能力に余裕ある

規模の設定が必要となる。

 これに伴う大型化により燃焼材料の量的確保が機械の運転効率上必要となっており、可燃性資源が分別による

リサイクルで還元されるのではなく、燃焼に回されているのが実態である。

 








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック