美作で「平和のつどい」開かれる

3月12日午後から、美作市民センターで「平和のつどい」が、みまさか「9条の会」の主催、美作平和委員会の共催、美作市・市議会・市教育委員会の後援で40人の参加により、「変貌する自衛隊基地」と題して、奈義町議会副議長の森籐政憲さんを講師に、講演がおこなわれました。
画像
講演中の森藤さん
森藤さんは、勝田郡平和委員会事務局長、日本原基地調査や日米共同訓練反対運動などを通じて、自衛隊基地の限りない変貌に警鐘を鳴らしています。
この「つどい」の呼び掛け文では、憲法9条(軍隊は持たない・戦争はしない・平和的外交)は、私たちにとって、かけがえのない『たからもの』私たちや、子どもたち、孫たちの世代に、国家の名において、命令され、人を殺し、殺される戦争は絶対にいやです。
戦争を体験した人も、体験していない人も、思想、信条、党派、宗教など、あらゆる立場の違いを超えて「9条」を守るという一点で活動する集いです(みまさか「9条の会」呼びかけ文から)。
この会場に原爆と人間点のパネルが展示されていました。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック