美作市副市長の再任について

4月26日臨時議会が開催され、副市長の選任、教育委員の任命、固定資産評価審査委員会委員の選任、固定資産評価委員の選任、等の人事案件と議会議長、副議長の選出など議会構成の変更がおこなわれました。
副市長選任は、皆木照夫氏が11対9ということで再任された。
この副議長人事は、事前に流れていた情報によると、10対10の可否同数になり、議長裁決になるのでは、といわれていました。
ところが11対9という結果となり「えっ」という反応でした。
日本共産党美作市議団は、皆木副市長のこの4年間を顧みると、行政運営がワンマン的で、市民の声をなかなか聴かない、事業の進め方が「場当たり的で、地域住民を混乱させる軽い行為がある。その時、その場での対応に、本来とに矛盾があっても、その時、その場が解決すれば良いという態度が多く、後に問題が残ることが多いい」、という指摘がされ、「副市長職にはふさわしくない」との結論となり、賛成しないと決め、投票に参加しました。
この議案は、通常の起立による簡易採決ではなく、今回、岡崎議員が「無記名投票」を要求して、動議をだし、それに同意する議員が2名以上あり、無記名投票で行われました。
無記名投票のため、第三者に議員の行動が確認できなくて残念です。
それを利用して、「新免は「議会運営委員長」と「美作クリーンセンター建設委員長」の重要ポストを得るために、「賛成にまわった」と一部の議員が噂しているという。
取り合う程の事ではないが、日本共産党美作市議会議員団の行動をこの際ですので、明らかにしました。
真和会、美風会いずれの立場も副市長選任での態度表明がないので、分かりませんが、今回「美風会」は再任反対といわれていました。選任された皆木副市長に「おめでとう」という挨拶をしていたのが真和会メンバーと、美風会の一部のメンバーがいました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

嘘つきは政治家の始まり
2011年07月23日 02:28
誰かが嘘をついてるんですね。誰でしょうかね。

この記事へのトラックバック