東粟倉工房 増資による清算処理を行い、市から切り離し再出発の道を選択

画像 増資による清算処理を行い、市から切り離し再出発の道を選択8月21日に開催された平成25年第4回8月臨時議会で一般会計補正予算第2号は賛成多数で可決されました。
採決の結果 = 賛成12 : 反対5
市民の税金4,500万円を東粟倉工房株式会社の清算に投入するということで、活発な議論が交わされました。
本城宏道議員は、議案に賛成
日本共産党の本城宏道議員は、議案に賛成する立場で討論に参加し、餅の生産は、東粟倉地域の最大の産業(もち米姫の餅1,000俵の契約栽培)で地域振興には欠がせないものであること、地元雇用の場を維持確保すること、時間的に補正予算で資金調達(8月30日までに)の対応しなければ倒産となり、甚大な悪影響が生じることが想定されること、一方、経営のずさんさについては議会としても徹底的に原因の解明を図る取り組みが必要であること、取締役員の運営責任を明らかにする等を主張しました。

反対の立場から5 人の議員が討論を行いました。
安本議員・岡崎議員・西元議員・岩江議員・万殿議員
反対討論の主張
犯罪が絡んでいる・粉飾決算と指摘されている・市民に理解されない・質問に対し答弁は説明不足、説明責任が果たされていない・情報を出していない・損失金額が不明・市の責任曖昧。
賛成の立場から6人の議員が討論を行いました。
賛成討論の主張
雇用の場の確保・もち米生産農業の振興・生産継続は地元からの要望・犯罪究明は別途実施される。
等々の主張がありました。
道上政男市長が行った提案説明の要旨
提案している案件は、市が出資し、第3セクターとして運営しており、「東粟倉工房株式会社」が、平成24年度決算において、約2,500万円の大幅な経営損に陥ったことからこれ以上の市税の投入は市民の理解が得られないと判断して、清算に必要な資金4,500万円を補正予算に計上し、会社経営から撤退するものです。
市としては東粟倉工房を倒産させることは本意ではなく、今後は、東粟倉地域に在住の方で、会社の再建を目指し、積極的に経営に取り組んで頂けることを条件に、「告知放送」や「みまちゃんネル」による募集を行った結果、3名の応募があり、概ね、会社の運営を引き継ぐ意思のある有志の方が決定したことから、8月30日をもって、東粟倉工房株式会社を清算し、8月31日から新会社にスムーズな引継を行うためのものです。
美作市が出資し、更に増資することに至った経緯と、今後の会社の清算処理、会社運営について
平成4年4月11日、「東粟倉餅工房こぶし庵」として、東粟倉農協が施設を整備し運営
平成10年9月1日、資本金3,000万円を出資し、社名も「株式会社東粟倉工房こぶし庵」に変更
平成10年9月4日に、現在の「東粟倉工房株式会社」に社名変更
平成17年 3月22日、東粟倉村が、3,400万円を増資
平成17年12月22日、美作市が2,000万円の増資
資本金の現況は、8400万円のうち、市が7,900万円(94%)、東粟倉特産物販売有限会社が、200万円(2.4%)、東粟倉工房株式会社が300万円(3.6%)となっています。
赤字経営に陥った経緯
要因は経営理念の基本認識欠如
平成23年度決算までは、概ね、毎年、営業収支が数万円程度の黒字を計上しておりました。しかしながら、平成24年度において、単年度だけで約2,500万円の赤字を計上するに至りました。
なぜ、大幅な赤字額が発生したのか、その理由について、解明に取り組んだ結果、経営管理体制に大きな問題があることが判明いたしました。主な内容は、会社経営では考えられない、ずさんな経理、人員管理や指示、命令系統の崩壊をはじめ、棚卸しを含む商品、物品管理等のシステムが機能していなかったことなどが要因で、経営理念の基本であります利益最優先の認識欠如によるものです。
また、業積悪化の原因究明のために、経営コンサルトタント会社に実施調査、社員へのヒアリングを委託するとともに、市としても職員を派遣して、調査を行ったところ、原始伝票と決算数字の不一致や原始伝票現物の不足等、不透明な経理処理が行われている実態が明らかになり、業務執行においても農業部門に代表されるように、不明瞭な金銭の流れ、原材料の仕入、棚卸し、人件費などの管理、運営に関しても、適切性に欠けており、誠実義務、忠実義務にも疑問があります。
 特に、不透明、且つ、不明瞭な経理と業務執行が問題になっております要因を調査中に、判明した概要  
不透明、且つ、不明瞭な経理と業務執行での問題には、AOJ株式会社の存在があります。
 登記簿によると、商号を「東粟倉後山AOJ株式会社」として、平成24年12月3日に設立されています。
代表取締役は、東粟倉工房に勤務している店長名で登記されており、さらに、会社の所在地は、東粟倉工房株式会社と同じ、地番となっておりましたが、会社設立後、まもなく、東粟倉工房の社員として餅や饅頭の製造を担当している代表取締役店長の息子へ、所在地は店長の自宅へと変更されていました。 
 これらの行為について、竹内専務に尋ねたところ、「店長から、新会社設立の相談を受けたことがあり、会社を設立するのであれば、就業規則に違反するので、退職するように、忠告していた」とのことでした。
東粟倉後山AOJ株式会社
調査を進める中で。会計
処理の不明瞭な部分に東粟倉後山AOJ株式会社がかかわっていることが明らかになりました。
例えば、野菜の作付けから出荷までの処理は、東粟倉工房株式会社が苗を購入して生産した野菜が、AOJ株式会社名で出荷され、入金先が店長個人やAOJ株式会社の通帳に振り込まれていたことが、発覚しています。
店長に尋ねたところ、JA勝英のミスで振り込まれたものであるとの言い分であり、到底、納得のできる説明ではありません。
このことも含め、「速やかに清算事務を進め、これ以上の損失発生と補てんする血税投入を、今後一切行わない対応を取ること最善である」とのコンサルタントの提言を、真撃に受け止めて、このまま会社を運営することは、困難であると判断し、会社清算という苦渋の決断をしました。
会社清算決断の根拠
この施設は東粟倉地域の活性化に貢献し、公共性の強い施設の一つであり、地元雇用に寄与し、さらに、材料の主要部分を占める餅米も、年間約1,000俵程度、地域の50軒の農家から仕入れており、操業を停止することは、東粟倉の地域力の低下を招くと共に、農業振興にも多大な悪影響を及ぼすことが予測さることから、最善の施策は何かと検討の結果、増資による清算が、最適と判断いたしました。
この方法で処理すれば、既に、意志表示をしている地元有志の方へ、スムーズな経営移譲ができ、さらに、引き続き、現在の大口の取引先との関係も損なうことなく、経営に与える影響を、最小限度に押さえることができると、考えております。
仮に倒産、若しくは、一時的であれ、製造を停止することは、東粟倉工房と各取引会社が築いてきた、信頼と信用は失墜することになり、今後の取引継続は難しくなります。
すなわち、東粟倉工房の主力商品であり、唯一、大きな収益を生み出している、餅加工商品を失うことに繋がり、今後の会社の運営は困難となることが想定されます。
このような状況を踏まえて、取引先にも迷惑を掛けず、且つ、会社の引き継ぎも、速やかに進むことを、最大限に配慮して、増資による清算処理を行い、市から切り離し再出発の道を選択するものです。
様々な視点から見据えて、総合的に判断した結果、地元の皆様の東粟倉を思う気持ちと地域の活性化に繋がる中心的な役割、また、就業の場、餅米の生産農家の皆様のことなどを考えた時、継続していくことが、最善であるとの判断に至りました。
平成27年度から、交付税一本算定が始まり、最高額28億円の削減となることを踏まえて、美作市の歩むべき将来を考え時、行財政改革に取り組むことが、最優先であり、1丁目一番地と考えております。何としても、市民の税金を、これ以上投入する訳には参りません。
そして、先ほども少し触れましたが、東粟倉工房の運営に関しては、不明瞭なことが何点か発生していることは把握しておりますので、既に、美作警察署に被害届を提出しており、この件に関しては、警察の捜査に委ねたいと考えております。そして、新たな情報、疑惑が発生したときは、速やかに、警察に報告し、決して、うやむやにする気持ちはございません。
ただし、この不明瞭なことの追求、調査は、徹底的に、粛々と進めながら、一方では、再建に向けて取り組んでまいりたいと考えておりますので、なにとぞご理解とご協力賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

匿名 名無し
2013年10月03日 08:54
AOJ に振り込まれてたという内容は東粟倉工房のT専務の了承を得ていて個人の独断ではないはず、さらに通帳 印鑑はそなT専務に預けて店長は一度も触れたことがないとの事。しかし、通帳 印鑑を個人名義にした事はなんらかの事情があるにせよ良くはない。
さらに店長の言い分のJAのミスで振り込まれていたという発言は事実である。
現にJA職員のF氏は店長とその場にいた他の人達の前での話でそれを認めている。しかし その後の警察の事情聴衆では店長の指示で行ったと真っ赤な嘘を言っている。
匿名 名無し
2013年10月03日 09:09
あと、記事にも書いてある通り東粟倉工房の粉飾は事実である。
さらに店長の役職は店長のみで、代表取締役ではない。タイムカードも打ってあるとの事
都合の悪いときだけ店長に責任を負わすために代表取締役という役職をつけられたと思う。
実際の代表権があるのは記事にも載ってあるT専務である。
世界屈指の腐敗行政
2014年01月04日 03:07
赤信号みんなで渡れば怖くない。。なにもかもが狂っとる

恐ろしい町や

警察もやる気ねーし
このまま廃墟と化すのかね

この記事へのトラックバック