市民が求めているのは 市民の意見を反映させる 力ある市議会

 市議会をもっと改革せよ、との声が上がっています。  議会は改革委員会を立ち上げ、議員倫理条例を制定し、市民を代表する議員として、どの視点からしても、その代表としてふさわしい態度と見識を、と襟を正す取り組みを行ってきました。 改選後の議会でも改革前進のため引き続き取組んでいます。  しかし、市民の市議会活動に対する期待に応えるには…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年

謹賀新年  新しい年を迎え「市民の健康・暮らしを守る、市民が市政の主人公」にする、として市政前進に決意を新たにしています。  昨年、市政で、地美恵の郷供用開始・消防署の新築移転・美作クリーンセンターでの「灰溶融設備設置問題」等の取組みがありました。  東粟倉工房・大芦高原国際交流の村「雲海」では赤字経営により税金投入をめぐる問…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

道上市長公務に復帰

12月24日  この日、道上市長は9月末からの病気休職から公務に復帰し、議会に出席し、あいさつで「市民と議会の皆さんにご心配とご迷惑をおかけしました」と陳謝し「これからは健康に留意し公務に励んでいく」と述べました。 また、議会閉会のあいさつでは、「二度と『雲海』の失敗をしない取り組みを行う」と発言しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

否決 3,500万円を投入した(株)雲海  破綻解明への100条委設置

設置賛成少数で否決 12月24日開催の定例議会最終日、地方自治法第百条に基づく「株式会社雲海に関する事務の調査を行う」議案を西元議員が提出者となり上程、賛成議員は安本・岡崎・西元・本城・万殿の各議員で、それぞれ賛成討論を行いました。 採決では、賛成者少数で否決になりました。  本城議員は「先の、東粟倉工房経営破たん問題の解明に百条…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

美作市平成26年度重点事業

日本共産党美作市議会の本城宏道議員が行った12月議会での一般質問から 質 問 平成26年度の重点事業はどのようなものか、お尋ねします。 灰溶融炉は設置するな 11月6日の全員協議会で新クリーンセンターの灰溶融炉施設について建設に向けて検討する、との報告があったが、「灰溶融炉」については機能的にいまだ完全なものはなく、維持管理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道上政男市長本務復帰

9月26日から検査入院、手術後療養していた、道上政男美作市長、「21日今日病院から帰ってくる」という情報。世間に流れている誤報「再起不能による辞表提出」は払しょくされる。24日の市議会最終日に出席、退院挨拶と本務復帰報告が行われました。なにわともあれ、回復よかったですね。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

㈱雲海 破綻責任、市長給与2か月無給の条例改正 賛成多数で可決

給与2か月分 無給 岩﨑副市長が提案説明をした、条例改正の主要点は、「株式会社雲海 社長道上政男市長」の「経営破たんに対し責任を取る」とし、市長「給与を2か月無給に」・副市長「給与を1か月無給」にする。 というのが内容です。 市長は、自らが社長であり、取締役の副市長と田園観光部長のいずれもが「無給」で、実質経営に直接現場には係って…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more