本城宏道議員の一般質問項目と要旨

12月9日からの一般質問は10名の議員が質問します。本条議員は5番目で次の質問を通告しています。 1,平成26年度予算の編成方針について ① 事業仕分けに沿った予算編成とされるのか ② 事業仕分けを再嘩討をしての取組がなされているか ③ 職員の定数削減を行い、嘱託職員や臨時職員を増やして いるが、必要な職場には正規職員と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲海問題その2

株式会社 雲海 破綻で清算のため2,200万円追加し事業は継続 大規模改修3,500万円+出資2,500万円+指定管理料1,000万円+清算金2,200万円 大芦高原国際交流の村運営基金残9700万円(2012年度当初予算ベース)の活用は 12月議会に提出されている補正予算では「株式会社 雲海」の清算のために2200万円が予算化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大芦高原雲海問題

地域振興拠点としての雲海の活用  市の施設設置目的である、市民の文化的及び合理的利用に供するほか、地域の青少年及び外国人や大学生などが余暇を楽しみながら交流と健康増進を図ることを位置づけているが、合併後の地域間格差解消という観点から「合理的利用」という点が軽視され、入湯客数の減少が施設運営に影響している状況にある。  地域活性化の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲海の民間委託数か月間での清算について

市の直営で経営が悪化し、民間に委託をしなければならなくなった原因として、施設への立地条件と利便性を考えると集客対策に問題があったのではないのか、英田町時代の運営方針(無料入浴券の発行)を合併後に大きく変えたことが大きく影響し、さらに民間委託で半額入浴券の利用もなくした。 市になって地域間格差をなくすということで、英田全域の住民たち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘密保護法外国人記者「 安倍ボンボンは戦争がしたいだけ」

安倍政権が声高に叫び狙っている、世界一経済活動がしやすい国とは、徹底的に大企業・資本家に何の規制もない自由を補償することである=一般国民が犠牲になることであり、既得の権利をすべて放棄せよ、ということである。対米従属政治の徹底による、最悪の政権である。特定秘密保全法もその一環。 特定秘密保護法案に反対する超党派の野党議員たちが今日、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公務員給与の切り下げ、ほんとにそれでいいのか

 新自由主義に染まっている陣営、「公務員の給与を引き下げろ」と構造改革路線を突き進み、厳しく号令をかけまってている。  マスコミも広告主のご機嫌をうかがって旗振り役をがんばっている、紙面の半分が広告で占められているのだから。  これらに支えられている陣営(自民・公明・民主・みんなの党・維新の会・社民党・生活の党)は政党助成金300億…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肺炎球菌ワクチン接種助成の実施を求めます

日本共産党美作市委員会の主張 高齢者にとって致命的な病気 肺炎の予防を 肺炎球菌ワクチン接種助成の実施を求めます 肺炎による死亡者の実に95%を65歳以上の高齢者が占め、肺炎による死亡率は年齢とともに高くなっているのです。 全国の死因データーによると、三位は脳血管疾患ですが、美作市では第3位と第4位が逆です。 このことから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more