テーマ:日記

道上政男市長本務復帰

9月26日から検査入院、手術後療養していた、道上政男美作市長、「21日今日病院から帰ってくる」という情報。世間に流れている誤報「再起不能による辞表提出」は払しょくされる。24日の市議会最終日に出席、退院挨拶と本務復帰報告が行われました。なにわともあれ、回復よかったですね。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

公務員給与の切り下げ、ほんとにそれでいいのか

 新自由主義に染まっている陣営、「公務員の給与を引き下げろ」と構造改革路線を突き進み、厳しく号令をかけまってている。  マスコミも広告主のご機嫌をうかがって旗振り役をがんばっている、紙面の半分が広告で占められているのだから。  これらに支えられている陣営(自民・公明・民主・みんなの党・維新の会・社民党・生活の党)は政党助成金300億…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市議会活性化調査特別委員会の活動について

4月8日美作市議会の活性化をめざし、全国市議会議長会法制参事である本橋謙治さんを講師に、「地方議会の活性化の現状と課題について」を演題に議員研修会が開かれました。その要点を報告します。 現状についての要旨 1) 地方議会に対する市民の評価 (物言わぬ市民から物言う市民へ) ① 議会は何をしているのか分からない。 マスコミ等の情…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

障害児とクリスマスパーテー

div align="center">  プレゼントを手渡すサンタクロース 11月27日「いきいきゆうゆうの里」(美作市北山)の「世代交流多目的広場」で、美作市障害者・児親の会(会長 森 陽子さん)による恒例のクリスマスパーティーが開催されました。  このパーティーに招待されたのは、市福祉保健部長、県議会議員、市議会…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

事業仕分け報告

昨年「試行」ということで取り組まれた「事業仕分け」の報告書が出来上がり配布されました。 報告書によれば、第1回目の仕分けは、9月3日に9人の職員で構成された事業仕分けプロジェクトによって、市職員が傍聴する中で実施されたということです。 地域審議会の役割を否定する事業仕分け 取り上げられたのは「地域審議会事業」、判定結果は、要改善を…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

第2回美作市試行事業仕分けの実施

 12月19日午前9時45分から市民センター3階の会議室で、市議会議員と職員約100名の参加で第2回目の試行事業仕分けが10事業で実施された。  結果は一覧表に示しているが、要改善と仕分けされた事業は(仕分けした人数が)半数を含めると7事業にとなっている。  これは何を意味するのか、事業の必要は認めるが、効率のよい取り組みを含め、経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美作で「平和のつどい」開かれる

3月12日午後から、美作市民センターで「平和のつどい」が、みまさか「9条の会」の主催、美作平和委員会の共催、美作市・市議会・市教育委員会の後援で40人の参加により、「変貌する自衛隊基地」と題して、奈義町議会副議長の森籐政憲さんを講師に、講演がおこなわれました。 講演中の森藤さん 森藤さんは、勝田郡平和委員会事務局長、日本原基地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立木売買契約の白紙撤回求める

12月24日午前9時30分から、安東義孝美作市長に日本共産党は、「市有林立木売買契約の白紙撤回を求める申し入れ」を行いました。これには安東市長自らの出席を得て、1時間以上にわたっての対応をいただきました。 安東義孝美作市長に申し入れをする共産党議員団 左から、本城市議・新免市議・安東市長・武田県議 参加した日本共産党関係…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年のご挨拶

  謹賀新年  旧年中にいただきました多くのご支援心から御礼申し上げます。 日本共産党は、本年も、国民生活を守るため、悪政の根本にある「アメリカ言いなり・大企業言いなりのルールなき政治」を「国民生活中心の政治に変革」に全力で奮闘していきます。 国政で民主党は鳩山首相から菅首相に変わり、自・公政権の悪政より一層の国民をいじめる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イノシシとの遭遇

 11月26日午前4時20分ごろ、樫村地区でイノシシと出会ってしまった。 しかもあるお家の中庭でである。一瞬ヌートリアかなと思ったが全く風態が違っている、よく見ると、何と40~50センチほどのまだ子供のようなイノシシではないか、何にかを食べていたのかもしれない、実は、この地区で2日前に別のお宅で「イノシシが裏の菜園場を荒らして困っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クマ視察

 11月17日勝田地域東谷上地区本谷の「檻に入った」月の輪クマ、議会運営委員会が終了後、現地を視察を委員会が行った。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間が作り出している、異常気象が自然界をアンバランスに

 美作市ではクマ出没情報が広い範囲から寄せられている。  氷山・後山・那岐山国定公園の山中を中心に棲息しています。  その行動範囲が広大になっている原因は、餌が無いのが原因と思われる。  11月12日には、作東地域の白水地区でワナにかかっていたという。  おどろきである。白水地区は国定公園からいえば中国縦貫道と国道179号線から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒桜が咲いています

 今年も水道公園に植えてある数本の桜の木に、遠慮深く小ぶりの桜の花びらがほころんでいます。ついこの前までは10月桜といわれる八重桜の「楊貴妃」が花をつけていました。この桜は、思い川という名前で昨年も紹介しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニックネーム「ヨコヤリ」と「私も一言」への回答

 ニックネーム「ヨコヤリ」と「私も一言」へから回答を求められていますので回答します。 回答  ニックネーム「ヨコヤリ」は、ごみ減量化へのリサイクルの取り組みすら否定的な見解のようです。 上勝町の例は、「ごみ排出者のリサイクルに取り組んでいる例が参考になる」と紹介しているものであり、美作市にそれを持ちこむことを提案してはいません。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

有害鳥獣対策の強化を

 猪・鹿被害増加  年間約3千万円の費用  有害鳥獣被害防止対策、農産物の被害を減らすために年間約3千万円の税金を投入しています。  美作市は鳥獣害被害に電気柵・トタン板での防止柵増強や猟友会等に委託し駆除していますが、被害は年々増加傾向にあります。  市は野生鳥獣被害対策事業を昨年4月から新方針で実施しています。  趣旨は、「…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

美作市稲穂の蓮池のハス開花情報

 8月10日 朝5時30分 年老いた母を連れてハスを見に行きました。 ハスの「花が開く時に音がするのを聞きたいと」いうので出かけましたがそれは残念ながら適いませんでした。 水面の8割位がハスの花で埋まっているようです。 小道から手の届くところに「一輪開花」しています。母が「仏様に飾りたいのでてもらって帰ろう」と言いましたが、それは「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市有財産の 杉・檜処分問題

「たろちゃん」から次のコメントをいただきました。 「市の説明は信用できない、県森連に対して正式に依頼しているのか、買いたいといえば誰にでも売るのか、市内の業者等はそんなに信用できないのか、市の財産をそんなに簡単に処分していいのか、もっと市有林の活用について議論すべきです。 100万円ぐらいの仕事でも見積だのなんだの言っているのにどう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一人暮らし高齢者の孤独死を防ぐため

一人暮らし高齢者の孤独死を防ぐために 先ず、故人に哀悼の意を申し上げます。 市民の方から、この事案への行政のかかわりに「安心のまちづくりというが、どのような取り組みがされているのか?」という電話をいただいた。 その方は「市行政の目線が市民生活と離れている、日常的にきめ細やかな体制が必要、たとえばすべての市職員が高齢者世帯を担当し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

面白い話

最近、私は面白い話に出会った。  あるお医者さんの話だ。  その先生が言うには「昨年夏の総選挙で「旧型政治を変えろ」と、国民の怒りのはけ口とし て、民主党が大流行した。新型インフルエンザの大流行と時を同じくして、その新型インフル エンザが今年に入り下火になり、季節型も流行らずに終わりそうである、この流れと同じく、…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

「からくり時計」に、近所から「うるさい」との苦情 

対策が必要  「からくり時計」湯郷音頭の放送に、近所から「うるさい」との苦情  毎日1時間おきに流れる「湯郷音頭」からくり時計の(設置場所から約50m以内に住んでいる、)近くに住む者にとって「迷惑な音になっている」という。 すなわち騒音である、身の周りの様々な音のうち、人に好ましくない影響を及ぼす音、不必要な音、邪魔な音が騒音です…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

現代玩具博物館湯郷への移転で課題

 文化的環境の水準を低下をさせてはならない。  東粟倉から湯郷に移転することが決まり、湯郷観光協会などのある場所に設置されるという。この施設のもつ文化的水準は、大変に高いもので、とりわけ、おもちゃ関係は世界的レベルといわれている。ドイツが世界の最高峰と言われているがねその水準のものがそろっているのである。問題は、この部分を縮小し、オル…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

市民の足「バス」に乗ろう ― 地域公共交通

地域公共交通機関を利用し地域の足を守ろう。 問題点は 市内の公共交通機関の利用が減少し採算が取れないことから、民間バス会社が運行の減便や路線からの撤退が起きている。 昨年10月からは「神姫バス」の撤退により㈱美作共同バスが運行しています。 この運行が採算ベースに乗らなければ経営の継続が困難になります、市民はバスの利用増に協力し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住宅用火災警報器 設置支援の充実を図れ

災害復旧に多額の財源が必要、今すぐにやれない  十二月七日 新免議員は、少なくとも、高齢者世帯や難病患者・低所得者の社会的弱者に対し、住宅用火災警報器設置の助成を求めて一般質問を行った。 市の答弁を要約すると、社会的弱者や低所得者への助成は災害復旧に多額の財源が必要だから、今すぐにはやらないということである、 来年度予算編成時に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美作市校園新型インフルエンザ発生状況

美作市教育委員会は11月9日所轄の保育園・幼稚園・小中学校の新型インフルエンザによる臨時休校園及び学級閉鎖に関する11月6日現在の情報を議会に報告しました。  教職員で濃厚接触による特別休暇をしたのは勝田小学校で1名です。  11月に入り新型インフルエンザで出席を停止した児童数は、大原小学校で22人・美作第一小学校17人・美作中学校…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

見に行ってみてはいかが 『美作市長内のコスモス畑』  

 10月18日の日曜日にはイベントが取り組まれました。楽しくワイワイガヤガヤの祭りだったと参加した人から聞きました。迷路を抜けるとご褒美に、「あんパン」がつるしてあったと話していました。これからも是非とも長続きさせてほしいような、一方では農業の活性化を考えると、休耕田を増やしてほしくないような、複雑な気持ちになりました。 しかし花が咲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜が今年の秋も咲きました。

10月17日「美作ラグビー・サッカー場」の上にある「水道公園」に植えてある桜が今年の秋も咲いています。 桜の名前は「思い川」といいます。毎年この時期に2~3本に花が咲きます。「ボケだ」という人もいますが、なかなか可憐で美しいものですよ。さくら 品種図鑑から 秋から咲き続ける桜 フユザクラ、ジュウガツザクラ、コブクザクラなど オモイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初日・二日目とも1日売上200万円越える『彩菜みまさか』オープン

「議員全員でセレモニーに参加しましょう」ということで箕面市に行ってきました。当日欠席したのは5人の議員でした。(則本・鈴木・岩江・絹田・日笠) 10月11日晴天に恵まれ午前9時から『農産物直売所彩菜みまさか』の落成式が行われました。 直売所併設型道の駅「彩菜茶屋」の2号店、美作市のアンテナショップです。 とれたての野菜をはじめ黒大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 平成20年度一般会計決算書から見る環境衛生

平成20年度一般会計決算書から 環境衛生で、生ごみ処理機器設置事業補助金 66件   1,166千円 平成20年度一般会計決算書から環境衛生の取り組みを見る 生ごみ処理機器設置事業補助金は1,166千円が支出され66件普及しました。 合併後の動向は、平成17年度91件1,816千円・平成18年度70件1,394千円・平成19年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無駄使いの典型では

コメント《ニックネーム》φ(.. )をいただきました。 今日、美作市社会福祉協議会から名前の訂正のお手紙が来てました。美作市全世帯にだしてるんでしょうが名前の訂正ごときに、全世帯に郵便配達する必要があるんでしょうか?なぜ来月の公報で訂正としてあげないのか不思議です。それこそ無駄な金だと思いますけど。  9月26日このコメントが届きま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more