テーマ:ごみ問題

焼却灰処理の在り方を考える要素が出てきた。

 朝から雪はがやむことなく降り続いているのに、道路には積雪が見られません。気温がやや高いせいでしょうか? 岡山県が焼却灰の処理への対応に動いている。熔融ではなく焼成の方針だという。すなわち焼却灰を砂に化えようというものだ。県下の全部の焼却灰が集まるならトン当たり30000円程度の処理費用になりそうだという、美作市の場合現在トン当たり約…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ニックネ-ム『ニックネ-ム 「ヨコヤリ」への回答 ?』へ

 馬鹿バカしいの一言に尽きる。 「ニックネーム」の使い分けすらできなくなっているようで。 「コメント」は同じ発信元だ、それを認識せずに対応している行為・行動である。 「ごみ処理場」は市民生活にとって絶対に必要だ。 杉原地区を中心とした近隣地区の住民は、建設予定地土地所有者のために「ごみ焼却処分場及び最終処分場」を …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニックネーム「ヨコヤリ」と「私も一言」への回答

 ニックネーム「ヨコヤリ」と「私も一言」へから回答を求められていますので回答します。 回答  ニックネーム「ヨコヤリ」は、ごみ減量化へのリサイクルの取り組みすら否定的な見解のようです。 上勝町の例は、「ごみ排出者のリサイクルに取り組んでいる例が参考になる」と紹介しているものであり、美作市にそれを持ちこむことを提案してはいません。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「私も教えてください。」に答えます。

《ニックネーム》 広域で苦労している者 《内容》 私も教えてください。に対しての答え。 1.環境省との協議も、岡山県との協議も、 循環型社会形成推進事業としてこれに応じており事業の進行が承諾されています。 かつ同交付金申請にも協力してくれています。 2.資金計画での原資構成は、事業交付金と起債で対応となります。  起債は、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

美作市の共産党は、議会で「チェック機能を発揮せよ」との叱咤された。

8月2日朝 「新免議員の話を聞きたい」ということで勝田地域の人たち10人と現在の市政について話し合った。 集まっていた人たちは、「かがやき」を読んでくださっている人たちであり、誤字・脱字の話から、もっと議会内での事実をはっきりと書いてほしいという注文もありました。 市政については、  第一点は、市民の心配として、市議会が「本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

杉原地区へのごみ処理場建設問題

 7月25日に(ニックネーム ゴミがらす)から次のコメントが届きました  検証結果は 誰の独断専行だったのでしょうかね。  今後への教訓もまだ導きだされていないようですね。  山口地区のの皆さん 翻弄されて お気の毒でした。  市民として 何も知らされないまま 勝手に津山広域から脱退し どこかでごみ焼却施設をこそこそと進…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山口地区の懇談会に参加

 10月1日夕方、市長・副市長・市民部長・産建委員長・クリーンセンター建設特別委員会委員長の5人が山口地区との懇談会に参加しました。  溝口区長さんから、一般廃棄物焼却施設建設地について、津山広域圏からの離脱に関連し、施設設置の候補地として声を声をあげ、副市長から「山口地区が頼り」という話を受け、受け入れを前提として、先進地の施設視察…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

 仮称美作クリーンセンター建設特別委員会を立ちあげた。

仮称美作クリーンセンター建設特別委員会が立ちあげられました。 美作市議会は、9月10日特別委員会を開催、委員長に新免議員・副委員長に道上議員を選出した。 委員会構成 則本議員(公明党) 西元議員 (地元・勝田会) 安東議員(友和会) 橋本議員(議運・真和会) 鈴木議員(総務) 粟井議員(文教・厚生) 内海議員(産業・建…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新クリーンセンター(ごみ焼却施設)建設予定用地(約16㏊)先行取得へ

 9月2日議会全員協議会で新クリーンセンターの取り組みの報告がありました。 建設予定用地(約16㏊、施設の更新用地及び最終処分場用地を計画、最終処分場に収容できる容量は、5万㎥~6万㎥を予定しています。)を勝田地区の杉原地域付近に選定し「地権者と周辺町内会の同意を得た」という事です。 建…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「美作市新ごみ処理施設建設」の問題

「美作市新ごみ処理施設建設」に向けての内容の一部を紹介します。 市民からの話として、私は確認をしていない問題が起きている。 その話の内容はとは、美作市の「新ごみ処理施設」の建設用地が勝田地域の杉原付近に選定された。という報告のを受け、建設予定地の住民などの中から「建設予定のゴミ焼却場の安全性を考える学習会」を計画すべきではないのかと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごみ処理センター・津山圏域衛生施設準備組合の展望

219億円の事業費42憶円減額し177億円に  1日のごみ処理量も200tを160tに  リサイクル施設も50tを40tに、 最終処分場(焼却灰は埋め立てられない、実質は一時保管の中間処理施設)は8万立方メートルを6万立方メートルに縮小し、津山市・美咲町・鏡野町・勝央町・奈義町で再出発するという。 この再出発は、美作市・西粟倉村…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

桑山会長談話に厳しく抗議する。

桑山会長談話に厳しく抗議する。 津山ブロックごみ処理広域化対策協議会会長津山市長桑山博之氏発表した談話を読んで  桑山会長は「美作市の提案を規約に盛り込むなど7市町村の枠組みを保持するよう努めてきたことから、美作市議会の否決は誠に残念であり、遺憾である。」と述べています。 確かに、美作市の提案を規約案に盛り込んであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広域ごみ処理場協議会の規約を市議会は全員一致で否決

規約より優先する負担確認事項 平成21年第1回(1月)美作市臨時議会が1月14日開会されました。 ゴミ処理場一部事務組合規約案承認を否決した件です。 なぜ否決をしたのか、この問題は、美作市議会が「中継施設の建設費用、用地費を含め受益市町村で負担せよ」という理不尽な押し付けを、二重負担が生じない方策がとられるなら「大道のため小異…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美作市は2009年も激動の年に成りそうです まずは、広域ごみ処理場問題をめぐり

明けましておめでとうございます。今年も大変お世話になります、ご指導をよろしくお願いいたします。  美作市は2009年も激動の年に成りそうです。  選挙の取り組みも「10人の、はみ出し」と言われる、多数乱立の様相で、市全体で票の争奪という全く未経験の戦いに挑みます。取り溢しは市民のために許されません。  ゴミ処理場一部事務組合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美作市議会代表欠席で流会 広域ごみ処理場問題

11月22日[土]午後1時30分から、津山市庁舎で開催される、津山・英田圏域衛生施設準備組合管理者桑山津山市長からの組合議員に召集がありました。 津山・英田圏域衛生施設準備組合議会に提出される協議事項は  1.津山・英田圏域資源循環施設組合規約について  2.津山・英田圏域資源循環施設組合設立スケジールについて の2件である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広域ごみ処理センター問題

津山市 領家 広域ごみ処理センター 施設整備費 242億6千万円 財政負担の暫定試算額 美作市の負担(人口割) 41億5千万円 津山市領家に建設が予定されている『津山・英田圏域一般廃棄物処理基本計画』によれば「津山・英田圏域」の総人口は19万6497人・美作市人口は3万3583人17,1%。排出している可燃ごみの総量は2万8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more