テーマ:災害

原発の再稼働と輸出を中止し、「即時ゼロ」の決断を

<span style=color:#00c>:larger>原発の再稼働と輸出を中止し、「即時ゼロ」の決断を 再生可能エネルギーに大胆に転換する 安倍内閣は、財界と一体になって、原発の再稼働への暴走を開始し、原発輸出の「トップセールス」に奔走し、「成長戦略」に「原発の活用」を明記しています。そして、原子力規…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

美作市総合防災訓練

11月25日美作施策等バレンタインパークで、地域自主防災組織、消防団。ヘリコプターが救助訓練に参加しました。被災し負傷役の2人は「もっと乗って飛んでほしかった」。「吊り上げられたときは緊張して何もわからなかった」といっていました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然災害対策対策は(9月議会質問)

9月1日から定例場会が始まります。 新免議員の通告している質問は次の4項目です。 ① 自然災害防止の取り組みについて ② ごみの減量化をさらに進めよう ③ 美作市地域自治振興協議会の活動について ④ 有害鳥獣被害防止対策の強化を求める ① 自然災害防止の取り組みについて あの悪夢の8月9日から1年が過ぎました、現在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

農地・農業施設への市独自補助の拡充を

美作市作東地域など県北東部が09年8月9日夜に襲われた、9号台風豪雨被災の対応として求められる行政の施策に「農地・農業施設への市独自補助の拡充」があります。1400か所と言われている被災現場を復旧するためには、農家個人の負担では復旧は困難です。現在市の単独支援体制は、美作市農林土木事業等補助金交付規程で(第2条関係) 補助対象及び補助率…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

美作市生活再建支援制度(案)示される。

 日本共産党美作市委員会は、今回、被災者の皆さんの生活が一日も早く元に戻るよう、行政ができる最大限の支援を実施することを要請していきます。  激甚災害の決定がまだ行われていません。これは閣議の決定による案件です。今回の政権交代で「内示の見直し」が無いことを期待すると同時に新閣僚たちに現状を認識して戴き、内示の内容での決定をして戴かね…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「集中豪雨災害問題」で県民局勝英地域事務所と懇談

県民局勝英地域事務所での懇談 県民局勝英地域事務所と「集中豪雨災害問題」で懇談 8月18日、日本共産党美作市議団(新免議員・本城議員)と共産党岡山県議団事務長の田中政利さんは、日本共産党地方議員団の取り組みとして、現地を調査し、美作市役所の災害対策本部では皆木照夫副市長と「現況と課題等」について懇談しました。さらに、県民局勝英地域事…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

水害の行政責任問題は、災害の復旧が一段落してから検証しますが。

 9月定例会で一般質問の順番が一番となりました。次のような質問をしていきます。今回は水害の行政責任と劇甚災害対策特別緊急事業についてを掲載します。 私は、林野地区の被災復旧を中心に今後の取り組みの行政の考えをお尋ねします。 林野地区での被災は常襲水害地域を中心にして起きています。全く自然の法則によるものであります。被災した場所は川の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「8.9集中豪雨」 被災された皆様にお見舞い申し上げます

姫新線田原踏切付近、流された軽自動車と線路の路床 被災された皆さまに、日本共産党は心からお見舞いを申し上げます 多くの人手が求められています、助け合いの気持ちを持ちより被災者支援を 今回の災害は、死者1名 重軽傷者3名 全壊3戸 床上浸水289戸 床下浸水被害281戸 水田などの冠水被災・がけ崩れ・山崩れなどの被害個所が多数(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竜巻災害 市の積極的支援、評価できる

市民の暮らし守るため頑張る美作市政 竜巻災害 市の積極的支援、評価できる (新免議員の話)  市民の安全を市行政が守るとは一体何をどうすることなのか。最大の課題は自然災害での経済的損失にどのように対応していくことが求められているのか。ということだと考えます。いま最も必要なことは被災者の再建支援に積極的に取り組むことです。 「個人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竜巻被害総額3億7千万円(推定)

7月19日の竜巻発生関係で、市が行った現地調査では、建物被害が2億8千万円、農業被害が8千万円、自動車の被害が1千万円の計3億7千万円に上るという大きな被害をもたらしました。 建物については、被害が出た地域に建築士を派遣して建物を調査(7月22日)、6段階にランク付けして被害額を計算、住宅は全壊2棟、半壊や一部が壊れた住宅は63棟の計…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竜巻被害発生 共産党救援対応で要望

 緊急災害救助に対する対応についての要望   美作市長 安東 美孝 殿 日本共産党美作市議団  新免 昌和  本城 宏道 貴職におかれましては市民の安全、安心、安定のために、平素から全面的な活動が行われていますことに心から敬意を表するものであります。 さて、今般7月19日午後7時15分ごろ発生した、大雨洪水警報中の竜巻発生に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

美作7・19災害

美作市で時間当たり29mmという、激しい降雨がありました。午後7時ごろには安蘇地区で竜巻が発生したという、数軒の家の窓ガラスが破れたりあるいは屋根が吹き飛ばされ。軽乗用車が20m以上も吹っ飛ばされていた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more