テーマ:共産党市委員会

市が2017年度美作市予算編成への日本共産党の要望に回答

財政調整基金の一部取り崩し 国保税一人2万円引き下げを要望 市が日本共産党の要望に回答 2017年1月31日、日本共産党本城宏道美作市市議会議員と日本共産党美作市委員会が市に提出していた2017年度美作市予算編成へ日本共産党の要望書に対し2月14日付で回答がありましたので、要望事項とその回答の要旨を掲載します。 ➀ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本共産党美作市委員会の2017年度予算要求

2017年1月31日 2017年度美作市予算編成へ日本共産党の要望書 美作市市長 萩原誠司様 日本共産党美作市議会議員 本城 宏道 日本共産党美作市委員会委員長 中嶋 義晴 平素は市民福祉の向上と安心安全のまちづくりにご尽力いただきありがとうございます。 2013年4月から消費税率が8%に引き上げら2016年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本共産党美作市本城宏道市議会議員2015年9月議会一般質問要旨

市政の動きについて 1、庁舎建設問題について 庁舎整備検討市民委員会の経過を、報告されたい。 議会審議もされていないのに、7月11日付けの山陽新聞で新築移転が決定したかのような報道がされているが議会軽視もはなはだしい、なぜそのような扱いをされたのか。 新たな庁舎用地面積と用地費、庁舎の規模、建設費、財源の内訳等について明らかにさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どこまで事実か、怪文書「国政タイムズ」

突然「国政タイムス」というチラシが美作市の何軒かのポストに投入されました。 市民の方から、「内容は事実なのか」「共産党はどう思うのか」とかいった問い合わせが本城議員のところに寄せられました。 記事全体を見て感じた事は大変な違和感です。 『国政タイムズ』の記事を読んだ市民は、「火のない所に煙は立たぬ」という諺を例に、このような汚職行…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

子どもの実態から出発した 学校いじめ基本方針の策定を

 美作市のいじめと不登校問題は、全国の中でも「悪い」と報告されています。  日本共産党の本城宏道議員は3月議会の一般質問で教育問題を取り上げ、いじめ、不登校等どの程度あるのか現状について。  「いじめ防止対策推進法」に基づき「地方いじめ防止基本方針」を策定し、「各学校でも基本方針」を策定 する事になっている。どの様にすすめられている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

攻めの農業 農地集約 美作市が消える

市が消える危機 今、TPP交渉がされている。その対策で、強い農業にするということで、安倍自・公政権は50年間続けてきた米の減反政策を廃止する方向を決定しました。  農家に対する補助金を大規模農家に絞ることで農地と農家の集約化を促進し、農産物の作付面積の大規模化が進められるのです。  この政策に、美作市は対応できるのか、市の存在そ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

安倍内閣の「農政改革」は明確な稲作農家の所得減 

直接支払い半減  5年後はゼロ 今年から稲作農家への直接支払い交付金が激減します。 4割におよぶ水田の生産調整達成農家には、主食米10㌃当たり1万5,000円の直接交付金がありました。それが半分の7,500円になります。20㌶という大規模「担い手」農家は、300万円の所得が150万円に減ります。5年後はゼロです。  農水省は今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市民が求めているのは 市民の意見を反映させる 力ある市議会

 市議会をもっと改革せよ、との声が上がっています。  議会は改革委員会を立ち上げ、議員倫理条例を制定し、市民を代表する議員として、どの視点からしても、その代表としてふさわしい態度と見識を、と襟を正す取り組みを行ってきました。 改選後の議会でも改革前進のため引き続き取組んでいます。  しかし、市民の市議会活動に対する期待に応えるには…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年

謹賀新年  新しい年を迎え「市民の健康・暮らしを守る、市民が市政の主人公」にする、として市政前進に決意を新たにしています。  昨年、市政で、地美恵の郷供用開始・消防署の新築移転・美作クリーンセンターでの「灰溶融設備設置問題」等の取組みがありました。  東粟倉工房・大芦高原国際交流の村「雲海」では赤字経営により税金投入をめぐる問…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

肺炎球菌ワクチン接種助成の実施を求めます

日本共産党美作市委員会の主張 高齢者にとって致命的な病気 肺炎の予防を 肺炎球菌ワクチン接種助成の実施を求めます 肺炎による死亡者の実に95%を65歳以上の高齢者が占め、肺炎による死亡率は年齢とともに高くなっているのです。 全国の死因データーによると、三位は脳血管疾患ですが、美作市では第3位と第4位が逆です。 このことから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発の放射能汚染水の危機打開のための緊急提言 2013年9月17日 日本共産党

福島第一原発の放射能汚染水の問題は、きわめて深刻な事態にたちいたっています。放射能で汚染された地下水が海に流出し、タンクから高濃度の汚染水が漏れ出す事態が相次ぎ、放射能汚染の拡大を制御できない非常事態に陥っています。  日本共産党は、原発への態度や将来のエネルギー政策の違いをこえて、汚染水問題の抜本的解決を最優先にすえ、政府やす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社保協キャラバン

 社会保障の充実を求める要請行動で、11月2日午後2時15分美作市市民センター3階の視聴覚室で、岡山県社会保障推進協議会のキャラバンによる対市要請行動が行われました。キャラバンの要請行動に参加したのは、美作生活と健康を守る会から美見さん・日本新婦人の会から新免さん・津山医療生協から中西さん・津山人権連から田中さん・岡山県社保協から伊原さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TPP参加反対の取り組み

11月8日日本共産党美作市議団は、日本共産党美作市委員会の役員とともにTPP参加に反対する宣伝活動を行いました。当日は宣伝カー2台を使い本城宏道議員、新免昌和議員がそれぞれ市内を分担して行いました。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

美作市副市長の再任について

4月26日臨時議会が開催され、副市長の選任、教育委員の任命、固定資産評価審査委員会委員の選任、固定資産評価委員の選任、等の人事案件と議会議長、副議長の選出など議会構成の変更がおこなわれました。 副市長選任は、皆木照夫氏が11対9ということで再任された。 この副議長人事は、事前に流れていた情報によると、10対10の可否同数になり、議長…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

島根原発を廃炉にし、住民の安全の確保を図れ

我身が危ない 恐ろしい原発事故   3月11日東京電力福島第一原子力発電所は、東日本大震災で発生した巨大な津波の被害に遭遇 政府は福島第1原発周辺では20キロ圏内で避難指示、20~30キロ圏内で屋内退避指示が出され、水や野菜牛乳は放射能に汚染され、生活が破滅の危機に瀕している、原発事故放射能による被害の恐ろしさが現実のものとなった。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

新年のご挨拶

  謹賀新年  旧年中にいただきました多くのご支援心から御礼申し上げます。 日本共産党は、本年も、国民生活を守るため、悪政の根本にある「アメリカ言いなり・大企業言いなりのルールなき政治」を「国民生活中心の政治に変革」に全力で奮闘していきます。 国政で民主党は鳩山首相から菅首相に変わり、自・公政権の悪政より一層の国民をいじめる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

事業仕分けの取り組み 具体的な方針

 安東美作市長は、9月6日 平成22年度の3月議会で取り組みを表明していた事業仕分けの取り組みについて具体的な方針を議員の質問に対して答弁しました。  仕分け人には、外部の専門家により「聖域なき事業仕分け」を行うとして、岡山大学など教授陣を中心に自治体学・行政法・財政学・哲学を専門とする学識経験者、他の先進的自治体の職員にお願いし5~…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

自然災害対策対策は(9月議会質問)

9月1日から定例場会が始まります。 新免議員の通告している質問は次の4項目です。 ① 自然災害防止の取り組みについて ② ごみの減量化をさらに進めよう ③ 美作市地域自治振興協議会の活動について ④ 有害鳥獣被害防止対策の強化を求める ① 自然災害防止の取り組みについて あの悪夢の8月9日から1年が過ぎました、現在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美作市の共産党は、議会で「チェック機能を発揮せよ」との叱咤された。

8月2日朝 「新免議員の話を聞きたい」ということで勝田地域の人たち10人と現在の市政について話し合った。 集まっていた人たちは、「かがやき」を読んでくださっている人たちであり、誤字・脱字の話から、もっと議会内での事実をはっきりと書いてほしいという注文もありました。 市政については、  第一点は、市民の心配として、市議会が「本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンポジウム「日本農業の再生を考える」 入場無料

農業再生へ国民的共同を 政策を発表 2010年4月26日 国会内で志位委員長が会見 日本共産党の志位和夫委員長は26日、国会内で記者会見し、農業政策「低すぎる所得補償では展望が開けない―価格保障と所得補償の充実、輸入自由化のストップで、農業の再生を」を発表しました。会見には紙智子党農林・漁民局長(参院議員)が同席しました。 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国保税引き下げ請願書継続審査に

継続審査となったのは、総務常任委員会に付託されていた「国民健康保険税年1世帯1万円引き下げ実現を求める請願書」です。 この請願書は、国保税減免を求める会の美作市下庄町代表中嶋義晴さん外600名が提出しているもので、紹介議員は、本城宏道議員、と新免昌和議員の二人です。   継続審査とした総務委員会委員長(鈴木悦子委員長)報告(審議委員…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美作市は起債許可団体

美作市は起債許可団体に (公債費・公営企業債・元利償還への繰出金・減債基金の積み立て状況等が加味され算定される。) 美作市監査委員が発表した、平成20年度一般会計・特別会計歳入歳出決算及び基金運用状況審査意見書による、要旨   財 政 指 数 比 較 表 普通会計区 分 財 政 力 指 数 平成20年度0.2…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

新型インフルエンザ 市は防疫的観点から対処方針を示す必要がある 

 美作市でも八月十九日「新型インフルエンザ患者が確認された」とい報告が告知放送で流された。 これは「8・9集中豪雨災害の復旧対応に、多くのボランティアに参加をして頂いているこの時期「健康をめぐる問題」は、全ての情報を公開すべきである」とする安東市長の方針によってなされたという。 現時点で、保健所は「新型インフルエンザ」の特徴は従来の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「集中豪雨災害問題」で県民局勝英地域事務所と懇談

県民局勝英地域事務所での懇談 県民局勝英地域事務所と「集中豪雨災害問題」で懇談 8月18日、日本共産党美作市議団(新免議員・本城議員)と共産党岡山県議団事務長の田中政利さんは、日本共産党地方議員団の取り組みとして、現地を調査し、美作市役所の災害対策本部では皆木照夫副市長と「現況と課題等」について懇談しました。さらに、県民局勝英地域事…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「8.9集中豪雨」 被災された皆様にお見舞い申し上げます

姫新線田原踏切付近、流された軽自動車と線路の路床 被災された皆さまに、日本共産党は心からお見舞いを申し上げます 多くの人手が求められています、助け合いの気持ちを持ちより被災者支援を 今回の災害は、死者1名 重軽傷者3名 全壊3戸 床上浸水289戸 床下浸水被害281戸 水田などの冠水被災・がけ崩れ・山崩れなどの被害個所が多数(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美作市議会日本共産党代表質問

6月10日、行なわれた日本共産党市議団の新免昌和議員の代表質問と安東市 長の答弁の要旨を掲載します。 情 勢 問 題 質 問 恐慌原因の根底は何? 金融破綻で生じた世界大恐慌、問題は新自由主義経済が世界経済を席巻し、貧 困の格差拡大をさらに大きくした、そこには構造改革と言う事で政治、経済にネオ リベラ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本共産党美作市議団の代表質問要旨 (安東市長の初所信表明に対して)

経済情勢について ① 問題は新自由主義経済が世界経済を席巻し、貧困の格差拡大をさらに大きく した、そこには構造改革と言う事で政治、経済にネオリベラリズムを浸透させた結果であります。そこで、市長は今日の世界的大恐慌の入口にさしかかった原因の根底は何であると考えておられますか。 市の経済状況の実情及び課題と対策について ② 美作市を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 石村智子予定候補との宣伝行動

5月17日 日曜日 午前10時から 午前中の雨はやや強めの雨でしたが、午後はかなり激しい勢いの雨になり、足元がずいぶん濡れ、靴に水がしみ込んできていました。 こうした厳しい条件の中、美作市で石村智子日本共産党衆議院中国ブロック比例代表予定候補が、新免昌和市議会議員・本城宏道市議会議員…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

62回 憲法記念日 街頭宣伝。 日本共産党美作市委員会は元気に頑張っています。

  日本共産党美作市委員会は、先の市議会議員選挙で2議席を獲得提案権を獲得しました。 本城議員と新免議員は「日本共産党」を市議会に会派届を提出しました。  5月3日党市委員会は、市委員会の中島事務長や江見委員・倉地委員と一緒に美作市内一円で憲法記念日の街頭宣伝行動をしました。「核戦争を許…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more