テーマ:安心して住み続けられる美作市を

市が2017年度美作市予算編成への日本共産党の要望に回答

財政調整基金の一部取り崩し 国保税一人2万円引き下げを要望 市が日本共産党の要望に回答 2017年1月31日、日本共産党本城宏道美作市市議会議員と日本共産党美作市委員会が市に提出していた2017年度美作市予算編成へ日本共産党の要望書に対し2月14日付で回答がありましたので、要望事項とその回答の要旨を掲載します。 ➀ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本共産党美作市委員会の2017年度予算要求

2017年1月31日 2017年度美作市予算編成へ日本共産党の要望書 美作市市長 萩原誠司様 日本共産党美作市議会議員 本城 宏道 日本共産党美作市委員会委員長 中嶋 義晴 平素は市民福祉の向上と安心安全のまちづくりにご尽力いただきありがとうございます。 2013年4月から消費税率が8%に引き上げら2016年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬酔木これを鹿が食べたらふらふらになると聞きます。鹿による獣害対策に役立てる方策はないものですかね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美作市政の運営について、いわゆる「国政タイムズ」問題

 本城宏道美作市議会議員は、3月6日の一般質問で、市政に不安と議会不信をもたらしている《国政タイムズ》というビラの記事について「正しいとは思わないが」、「事実はどうなのか」行政の見解をただしました。また議会として、真実解明のための特別委員会の立ち上げをするよう求めました。 副市長答弁 = 国政タイムズの記事内容について、でございますが…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

子どもの実態から出発した 学校いじめ基本方針の策定を

 美作市のいじめと不登校問題は、全国の中でも「悪い」と報告されています。  日本共産党の本城宏道議員は3月議会の一般質問で教育問題を取り上げ、いじめ、不登校等どの程度あるのか現状について。  「いじめ防止対策推進法」に基づき「地方いじめ防止基本方針」を策定し、「各学校でも基本方針」を策定 する事になっている。どの様にすすめられている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美作市重い、介護保険料負担 浅口市の2..1倍

2012年、美作市で介護保険サービスを受けている人数は高齢者の22%で2,394人。 介護保険には65歳以上の高齢者全員10,692人が加入。 ディサービスや施設入所サービスの利用料等の年間の総額は約32億円。 利用者年間一人当たり約156万円のサービスを受けています。 現在の第1号被保険者介護保険料は第4段階で年額62,400…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美作市の特産品 

美作市の特産品 クリの『利平』晴れの国にマッチ 美作では『利平』の生産が盛んに行われていました。 最近このクリの生産・出荷量が減少しています。  桃・栗3年柿8年と言われるように、クリは実がなるのが早いのが特徴(接ぎ木による) さらに、クリの木は日光を好み、晴れの国に適しています。 他の果樹に比べて 栽培管理が容易で、輸送 及…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道上市長 辞職

美作市長三代目の道上政男氏は九月二十六日に体調不良で三か月間入院し、十二月二十四日から公務に復帰していましたが二月十日内海議会議長に体調不良を理由に辞職届を提出し、受理されました。  道上市長は就任後の初議会の六月定例議会では、市政運営について、過疎化・少子・高齢化等、重要課題が山積する中、 子どもや孫に負担が残らない改革。 安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年

謹賀新年  新しい年を迎え「市民の健康・暮らしを守る、市民が市政の主人公」にする、として市政前進に決意を新たにしています。  昨年、市政で、地美恵の郷供用開始・消防署の新築移転・美作クリーンセンターでの「灰溶融設備設置問題」等の取組みがありました。  東粟倉工房・大芦高原国際交流の村「雲海」では赤字経営により税金投入をめぐる問…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

道上政男市長本務復帰

9月26日から検査入院、手術後療養していた、道上政男美作市長、「21日今日病院から帰ってくる」という情報。世間に流れている誤報「再起不能による辞表提出」は払しょくされる。24日の市議会最終日に出席、退院挨拶と本務復帰報告が行われました。なにわともあれ、回復よかったですね。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

公務員給与の切り下げ、ほんとにそれでいいのか

 新自由主義に染まっている陣営、「公務員の給与を引き下げろ」と構造改革路線を突き進み、厳しく号令をかけまってている。  マスコミも広告主のご機嫌をうかがって旗振り役をがんばっている、紙面の半分が広告で占められているのだから。  これらに支えられている陣営(自民・公明・民主・みんなの党・維新の会・社民党・生活の党)は政党助成金300億…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公民館活動を活発に

公民館活動を活発に 美作市の公民館は20カ所あり、その中には、老朽化のため建て替え等が課題となっている所があります。 湯郷公民館建て替えで利用が大幅増 平成22年度「美作市湯郷公民館湯郷支館」は老朽化による建て替えで名称を湯郷地域交流センターとして活発に利用されています。 美作文化センターに隣接している施設として、その存在価値は、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more